愛犬の薬

現在、9歳になる我が家の小型犬ですが、入院してから、薬が欠かせません。
小さい時から、食が細く、下痢ばかりする子で、食事も嫌々ながら食べるといった感じでした。
とにかく、モリモリと美味しそうに食べて欲しいと願うばかりでしたが、原因はわかりませんでした。
4年前の夏の夜に、その日もお腹の調子が悪かったようで、血が混じったゼリーのような便が出てしまい、病院に連れて行きました。
薬をもらって、家に帰りましたが、飲ませた薬も吐いてしまい、夜には下血が始まってしまったのです。
夜中なので、病院にも連絡が取れず、翌日の朝一番に電話して、あわてて連れて行きました。
夜中、何度も下血した事を伝えると、即入院となりました。
毎日、病院に様子を観に行かせてもらったのですが、点滴が足に絡んでしまったり、便が大量に、お尻にこびり付いたままでした。
可哀想だったので、面会させてもらったついでに、洗浄液をコットンに含ませたものを大量に持って行き、内緒で拭いてあげました。
結局、1週間の入院だったのですが、愛犬に、こんな思いはさせたくないと思いました。
お薬を処方され、調子が悪い時に飲ませるようにしていましたが、最近は、お薬が切れると、覿面に調子が悪くなってしまいます。
現在は、抗生剤と、血便が出たときだけステロイドを飲ませるようにしています。
出来れば、ステロイドのお世話になりたくないのです。
入院当時、先生が、「毎日、抗生剤を飲まなければならない子もいますよ。」と言っておられましたが、愛犬もそんな感じみたいです。
お薬が切れそうなので、連休前にもらいに行こうと思います。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
Copyright© 2013 無限に続く出会い All Rights Reserved.